TOKAIリビング事業部 ■注文住宅/静岡県全域(伊豆を除く)  ■ZERO-CUBE/富士市、富士宮市、裾野市 ■リフォーム/静岡県全域を施工エリアとする工務店・施工会社

TOKAIリビング事業部

施工対応エリア ■注文住宅/静岡県全域(伊豆を除く)  ■ZERO-CUBE/富士市、富士宮市、裾野市 ■リフォーム/静岡県全域
本社電話番号 0120-987-340 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

それぞれにくつろぎ 大家族の安心感を得られる家

S邸  家族構成:父+母+夫+妻+ 長女+長女夫
リビングと続き間の和室は共用空間として広さを確保。カリンのフローリングは温かみがあり、エコカラットで空気もさらり。和室は次女の家族が泊まりにきた際に寝室利用も
子世帯スペースは若夫婦の好みが反映され白で統一。広々したLDKは、収納も充実し、アイランドキッチンも常にスッキリ。お気に入りのシャンデリアで憧れの空間に
子世帯の玄関と土間を通じて繋がっている。奥の廊下を入ると水回りが並ぶ
子世帯の玄関。大理石調フローリングに建具も白で統一。シューズクローゼットとは別に大容量の収納も確保
自然光を浴びたり、夕涼みを楽しんだり、バスコートで一日の疲れを癒す
南面と東面では表情が異なるS邸。玄関の立派な松は奥さまの実家から移植された
のどかな住宅街に建つ邸宅。軒下にくつろげる縁側をもうけ、リビングから庭への出入りもラクラク
南側の両親の部屋の濡縁。軒を伸ばし、真夏の直射日光を避ける

地震対策や娘夫婦との同居を機に二世帯住宅を建てたSさん。「高齢の両親も同居するため、子世帯とはお互い気をつかわず生活できるよう上下の完全分離型にしました」とご主人。子世帯側は玄関ホールに階段を設け、そのまま2階の居住スペースへ行ける動線をつくった。ただし、互いの玄関は土間で繋がり、1階には共用スペースもあるため、行き来はスムーズとなっている。1階は家の中心にダイニングキッチンを配置し回遊動線をつくり、開放感と通風のため中庭を設けた。これにより、北側にある寝室にも光が届き、ウッドデッキがセカンドリビングの役割も担う。「2階のバルコニーに出ると、中庭を通じて1階の家族の気配を感じることができます」と長女。2階は若夫婦の好みとこだわりが詰まった白を基調としたシンプルな空間。家族がそれぞれくつろぎ、必要な時には助け合う、やわらかくつながる理想の暮らしが実現した。

スタッフからのコメント

二世帯で好みのテイストが異なりましたが、何度も打ち合わせを重ね要望を実現することができました。LDKに自然と家族が集まる居心地の良さが特徴です。

工務課課長、一級建築士 岩間 太郎さん

物件情報

設計者名 TOKAI
施工社名 TOKAI
敷地面積 562.03㎡ [170.01坪]
延床面積 262.03㎡ [79.26坪] (1階 165.62㎡、2階 96.41㎡)
構造・工法 木質構造パネル工法
施工期間 4か月
外部仕上げ(屋根) 平瓦
外部仕上げ(外壁) サイディング
内部仕上げ(床) カリンフローリング
内部仕上げ(内壁) クロス、一部エコカラット
内部仕上げ(天井) クロス
内部仕上げ(断熱材) 吹き付け
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) クリナップ
使用メーカー(照明) ODELICほか
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL
設備・システム 太陽光発電、床暖房

お客様の声

二世帯住宅を建てるため、地盤がよく広い土地を探していたなか、不動産屋の紹介でTOKAIさんと出会いました。二世帯住宅の実績もあり、信頼して依頼に至りました。完成見学会や実際に住まわれている家を見て、いいところは我が家にも取り入れました。

新築したきっかけ

長女の結婚を機に二世帯住宅を建てることに。今までの住まいは地震による液状化の心配があったため、地盤のいい土地探しから始めました。

CLOSE