田中建築工業 静岡~伊豆の国を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. 素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

田中建築工業

施工対応エリア 静岡~伊豆の国
本社電話番号 050-5851-0387 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

S邸  家族構成:夫+妻
リビングからガレージにある愛車を眺めながら生活したいという希望通りに、栗のアンティークを床材に用いて、落ち着きある空間に仕上げた
三角の変形地を上手に活用し、建物前面に駐車スペースも確保
車とバイクを所有。ガレージのシャッターは2つあり、それぞれの出し入れが楽に行える
バイクのレースに参加するため、愛車の整備もご自身で行うご主人。ガレージには作業スペースも確保。棚も造作し工具や機材が雑然とならずに収納できる
ガレージには玄関からも出入りできる。ホールは、雑誌で見て印象が強かった家にならい白一色でまとめた
吹き抜けの勾配天井で開放感たっぷりの2階ホール。リビング上部に張り出すように付けたアールのフロアはご主人のお気に入り
出張時によく利用するホテルの寛ぎ感が好きで、ご主人の寝室は、そのホテルと同じようなダークカラーでまとめたそう。奥さまの寝室の床は、アカシアの無垢材で明るい印象に。趣味のパッチワークもはかどる、お気に入りの空間
家の中は白を基調としているが、和室だけは対照的な黒で統一。ユニークな意匠の障子と間接照明で、モダンな仕上がり

それまで住んでいたのは築20年の家。断熱性も低く老朽化も気になってきたので、間取り変更も含めた大規模なリフォームを考えていたそう。そんな時に訪れた『田中建築工業』の完成見学会。「ドアを開けた時、玄関から上がって床に足をつけた時の空気感がとても良かったんです」と、ご主人はその時の様子を振り返る。「この工務店なら、理想の家ができる」と確信し、リフォームから新築へと方向転換をした。30年以上、車とバイクを趣味にしてきたご主人。作業スペースのあるガレージはS邸に必要不可欠。さらに、日常的に愛車と空間を共有できることが理想。そこでガレージとリビングを大開口でつなげたり、整備作業もできる空間を確保するなど、妥協をせずに〝こうしたい〞を詰め込んでいった。居住空間も趣味空間も満足できる家は、これからの人生も豊かにしてくれるに違いない。

スタッフからのコメント

完全オリジナルで、こだわりのある大きなガレージがある家をご希望でした。スタイリッシュで開放的なLDKとともに、思いが詰まった空間ができあがりました。

ハウスコンシェルジュ 石堂 優大 さん

物件情報

設計者名 田中建築工業
施工社名 田中建築工業
敷地面積 304.52㎡ [92.11坪]
延床面積 123.15㎡ [37.17坪] (1階 70.94㎡、2階 52.21㎡)
施工面積 168.48m2 [50.96坪]
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) ジュラクペンアート
内部仕上げ(床) 栗・アカシア
内部仕上げ(内壁) シラス壁(中霧島壁)・クロス
内部仕上げ(天井) クロス
内部仕上げ(断熱材) セルロースファイバー(デコスドライ工法)
内部仕上げ(柱) 檜(3.5寸)
使用メーカー(バス) Panasonic
使用メーカー(キッチン) Panasonic
使用メーカー(照明) KOIZUMI
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL
設備・システム 太陽光発電10kW、ガレージ

お客様の声

見学会で見た家のデザインや素材の質感が、自分たちの好みに合っていました。担当してくれた営業さんの、誠実な人柄も決め手となりました。静かでくつろぎやすい家です。特に、リビングのソファでガレージの愛車を眺めながら過ごすひとときは、とても優雅な気分になります。

新築したきっかけ

築20年の家に住んでいてリフォームを考えていたんですが、『田中建築工業』さんのチラシを見て出かけた見学会で、新築もいいかなと思ったから。

CLOSE