田中建築工業 静岡~伊豆の国を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. プロの提案と熱い思いで「私たちらしさ」が叶った!

田中建築工業

施工対応エリア 静岡~伊豆の国
本社電話番号 050-5851-0387 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

プロの提案と熱い思いで「私たちらしさ」が叶った!

H邸  家族構成:夫+妻+長男+長女
スタイリッシュさと癒しのムードが絶妙に溶け合い、居心地のいい空間に。床の無垢 はエイジング加工を施して、アンティーク調に仕上げたもの。壁には優れた調湿性をもつシラスが採用されている。1階天井の一部を厚くして黒にしたり、吹き抜けの角をRにしたりと細かな要望まで実現した
雰囲気にマッチしたタイルのセレクトが見事なダイニングキッチン。右手の洗面、浴室までを一直線に並べて、作業性を高めている。奥のカウンターは、将来宿題をする場所に
壁に貼られた2種のタイルはエコカ ラット。優れた吸排湿機能により快適な湿度を保つとともに、気になるにおいや有害な物質を低減していく。正面の引き戸は和室につづく
大きな吹き抜けから、やわらかな光が下ろされてくる。大胆にしつらえられたオリジナルのテレビ台が、空間を引き締めつつ、夜にはやさしい雰囲気をつくり出す
2階ホールも、無垢、塗り壁、タイルの素材感の変化と色の組み合わせで、印象的な空間に。 吹き抜けの窓は外部からの視線を考慮し、曇りガラスが採用されている
間接照明が施された吊り天井と、透過する光のラインがデザインとして機能するオリジナルの造作建具が、一般的な和室にはないモダンさと住まい手のセンスを伝える。玄関からLDKへの動線上に配置されており、客間になったりリビングの一部になったりと多様な役割を果たす
シックな雰囲気にまとめられた寝室。 天井は川の流れのようなゆるやかなカーブを残して、10センチほどふかしている。打合せを重ね、ご主人のアイデアが形になった
トイレの壁にも、脱臭効果をもつエコカラットを採用。水栓やボウルも吟味した

展示場をめぐったHさん夫妻は、2つの結論に達した。「自分たちらしい家にしたい」。そのために「地場の工務店に依頼しよう」。少し遠い『田中建築工業』に決めたのは、家づくりへの熱い思いが伝わってきたからだ。 開放感とくつろぎに満ちたLDK、安堵感にモダンさが溶け合う和室、それからセンスよくタイルが使われた2階ホール。「こうしたい」という要望に、同社ならではの驚きが添えらえ、オリジナリティあふれる仕上がりとなった。デザイン性を追求すると冷たい印象になることもあるが、H邸にはほっとする空気が漂う。それは家族のつながりや家事への配慮までデザインされているから。完成したのは、暮らし方まで自分たちらしくなる一棟だ。

スタッフからのコメント

これだけ多くのタイルを使いながら、硬さ、冷たさを感じないのは、ご夫婦のセンスのおかげ。デザインに関しては、暮らし心地や便利さが犠牲にならないよう心掛けました。

ハウスコンシェルジュ 中川 建一さん

物件情報

設計者名 田中建築工業
施工社名 田中建築工業
敷地面積 133.92㎡ [40.52坪]
延床面積 108.78㎡ [32.84坪](1階 62.52㎡ 、2階 46.26㎡ )
構造・工法 木造軸組工法
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) ジュラクペンアート
内部仕上げ(床) クリアンティーク
内部仕上げ(内壁) シラス、クロス
内部仕上げ(断熱材) デコス
内部仕上げ(柱) ヒノキ
使用メーカー(照明) Panasonic

お客様の声

家を気に入ったことはもちろんですが、田中社長をはじめ、スタッフの方の家づくりへの姿勢と人柄が決め手に。「この地域でNo.1の家をつくってください」とお願いしました。もっと豪華な家、デザインに力のはいった家はあるでしょうが、“思いが形になった”ということに関しては、No.1だと思います。

新築したきっかけ

息子が小学校に上がる前にと動きはじめました。当初は住宅展示場をめぐりましたが、いわゆるハウスメーカーの企画住宅はグッとこなくて。要望を形にしてもらえそうな地場の工務店で探しはじめました。

CLOSE