Sanki Haus(サンキハウス)静岡三基 中部・東部(島田~沼津)を施工エリアとする工務店・施工会社

施工対応エリア 中部・東部(島田~沼津)
本社電話番号 050-5851-0367 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

リノベーションで生まれ変わった築22年の家

K邸   家族構成:夫(36歳)+妻(34 歳)+長男(2 歳)+次男(2ヶ月)
2階面積を削ってまでも設けられた吹き抜けの果たす役割は大きい。視覚的な開放感を生むとともに、隣家に囲まれていることを忘れさせる明るさを呼び込む
以前は玄関横にあった洋間は、キッチンへと変貌。左手の壁を取り払うことでひと続きの大空間が生まれた。奥さまの要望をもとに家電置き場やパントリーが用意された。玄関収納の裏側を利用した棚には本や小物を見せて収納。視覚的な楽しさがもたらされる
2世帯住宅として利用されていたため、以前は2 階にもキッチンが。現在はゆったり休める畳敷きの寝室に変身。3 畳のウォークインクローゼットも用意されている
浴室だった場所が、明るく収納力も備えた玄関に生まれ変わった
和室の一部を取り込んで、広さを増した2階洋室。将来は分割して子ども部屋にする予定
ドーマーからの光がはいる小屋裏は、収納にはもったいないようなスペースに
ウッドデッキはご家族一番のお気に入り。リビングと同じ高さでつながり、広さを演出している
白い塗り壁とトンガリ屋根が適度な個性となり、古さを感じさせない。駐車スペースのカラフルなモザイクも明るさにひと役

これが本当に築22年の中古住宅?訪れたお友だちが、驚くのもムリはない。静かな住宅街に明るさを放つ外観。リビングでは吹き抜けからの光がムクの床に降り注ぐ。お子さまはウッドデッキを行ったり来たり。各所に造りつけられた本棚、勾配天井が楽しい小屋裏収納など、暮らしやすさへの配慮もたっぷりだ。しかし、今回のリノベーションでもっとも大きく変わった点に気がつく人は少ないかも。それはある程度の築年数を経たお宅で感じる、あの「寒さ」がないこと。高断熱・高気密の家づくりに定評のある『SankiHaus(サンキハウス)』ならではの技術力が、目には見えない住まいの性能をグッと高めていたのだ。住宅性能十分で、コストは割安。当初大きな改修は頭になかったという間取りや内装はもちろんご夫妻の笑顔が、リノベに新築とは違う魅力があることを教えてくれる。

リノベーション ビフォー画像

以前は玄関横の洋間。左手の壁を取り払うことでひと続きの大空間が生まれた
2世帯住宅として利用されていたため、2階にもキッチンが備えつけられていた
痛みが目立ちはじめた外観が、22年の歴史を漂わせていた

施主さんに聞きました

リノベーションしたきっかけは

駅近くの立地を気に入って購入。子育てが落ち着いたら建て替えようと、最低限のリフォームを考えていました。

この会社に決めた理由

『SankiHaus(サンキハウス)』さんに決めたのは、社長さんの熱意が大きかったです。半年ほど、毎週のように打ち合わせをして、不安が取り除かれていきました。

リノベーションでの希望

一番は広さと明るさ。リビングの畳スペースや造作の収納など、暮らし方をイメージして要望しました。

この会社でリノベーションしてよかったこと

リノベーションならではの大変さもありましたが、仕上がりは大満足。住み心地は新築と変わらないですよ。

スタッフからのコメント

私たちは高い住宅性能とデザイン性を兼ね備えた住まいを提供しています。目指すところはリノベーションでも同様で、ご家族の要望をお聞きしつつ、新築並みの住み心地を実現します。家具屋インテリアを含めたコーディネートもお任せください。

インテリアアドバイザー 中山智美

新しくした素材・設備など

使用メーカー(バス) INAX
使用メーカー(キッチン) INAX
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: ・会社パンフレット・工法、技術カタログ・施工例集

リノベーションデータ

築年数
築22年
施工期間
4か月
設計者名
SankiHaus(サンキハウス)
施工社名
SankiHaus(サンキハウス)
家全体の敷地面積
138.01㎡[41.74 坪]
家全体の延床面積
115.03㎡[34.79 坪](1階61.20㎡、2 階53.82㎡)
構造・工法
2×4 工法
CLOSE