アイジースタイルハウス 愛知県(一部除く)、静岡県西部を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. 自然の素材感が心地よいヨーロピアンアンティークな家

アイジースタイルハウス

施工対応エリア 愛知県(一部除く)、静岡県西部
本社電話番号 050-5851-0621 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

自然の素材感が心地よいヨーロピアンアンティークな家

Y邸  家族構成:夫+ 妻+ 長女
高い吹抜けの空間が気持ちいいリビング。 ダークブラウンに塗装した無垢の床と梁にアイアンの手摺が絶妙にマッチ。1階と2 階の大きな窓から爽やかな風が通り、室内はいつもさらっとしている
リビングダイニングとキッチンは緩やかにゾーニング。白いキッチンのマウンテンフードは奥さまのこだわりで、料理タイムをより楽しくしてくれる
ゆったりとした玄関ホールは、大勢の来客でも混雑しない。テラコッタタイルのポーチ、壁のニッチは『アイジー』ならではの丁寧な仕上がり。そのまま真っ直ぐ進むと和室、左手のチェッカーガラスのドアを開けるとLDK
外国映画のセットのような外観のたたずまい。ご主人の愛車は1937年式「シボレー・シェビー」で、右ハンドル仕様はおそらく国内でこの1 台しかないという超お宝のクラシックカー。シンボルツリーの柿の木は、ご主人が子どもの頃からずっと成長を見守り続けてきた
アンティークとモダンが共鳴する吹抜け空間。ヨーロッパの古い洋館に洗練された現代デザインをトッピング。これだけの大きな吹抜け空間でもエアコン1台で十分
フリースペースから吹抜けをのぞむ。100%自然素材の空間に、きれいな空気がゆったりと流れているのを感じる
リゾートホテルのような玄関から現れた幸せいっぱいのYさん家族。アイアンの手摺が付いたバルコニーが青空によく映える
「やっ ぱり自然素材の家っていいですね」としみじみ話すご夫妻。パインの床と漆喰の塗り壁が時とともに風合いを増していく

木漏れ日を浴びた美しいクラシックカーが似合うプロヴァンス風の家。まさか、ここがY邸? と思って静かに近づくと、「こんにちは〜」と美男美女のご夫妻が出迎えてくれた。かわいいアプローチからリゾートのホテルのような外観を見上げると、一瞬ここが日本だということを忘れそうになる。両開きの玄関ドアを開けると木の香りがふわっと漂い、緊張がゆるゆると解けた。開放感あふれる吹抜けのLDKは、ダークブラウンに塗装した無垢の木と白い漆喰のコントラストがステキで、アイアンの黒い手摺がアクセントになっている。白いオープンキッチンからはリビングはもちろん、緑の庭も見渡せ、吹抜けを通して2階の気配もわかるから安心。奥さまがセレクトしたアンティーク調の家具や小物たちが、穏やかな暮らしにエッセンスを添えている。嘘偽りのない本物の自然素材だけで建てた家を、センス抜群のご夫妻が長女のHちゃんと同じように大事に育てていく姿が目に浮かぶ。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット・施工例集・商品カタログ・その他

スタッフからのコメント

私たちは「家」というハードを販売するのではなく、建てた後もご家族が安心して笑顔で暮らせる健やかな空間をご提供します。ショールームでご体感ください。

ライフプラン事業部長 立田裕樹さん

物件情報

設計者名 アイジースタイルハウス
施工社名 アイジースタイルハウス
敷地面積 249.48㎡(73.10坪)
延床面積 127.12㎡(38.38坪) 1階 71.22㎡(21.50坪) 2階 55.90㎡(16.88坪)
構造・工法 木造軸組(パネル併用工法)
施工期間 4.5か月
外部仕上げ(屋根) 陶器S瓦
外部仕上げ(外壁) 遮熱塗り壁材(セレクトリフ レックス)
内部仕上げ(床) 無垢パイン材30mm
内部仕上げ(内壁) スペイン漆喰
内部仕上げ(天井) スペイン漆喰
内部仕上げ(断熱材) 内断熱:セルロースファイバー+外断熱:ネオポール+遮熱塗り壁材
内部仕上げ(柱) 天竜ヒノキ、天竜杉
使用メーカー(バス) LIXIL
使用メーカー(トイレ) オリジナル洗面台
使用メーカー(キッチン) HAMAYU
使用メーカー(照明) ODELIC、クリストファーレイ他
使用メーカー(窓・サッシ) 樹脂サッシ
設備・システム 屋根断熱材:ヒートバリアボード 他:にかわドア
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット・施工例集・商品カタログ・その他

お客様の声

『アイジー』さんのチラシで見た家が気になって、磐田ショールームに行ったらひと目惚れしたからです。主人も「ほかの工務店は見に行かなくていいよ」と絶賛してくれました。夏も冬もほとんどエアコンをつけずに快適に暮らせたので、光熱費が浮きました。友達から「こんなお家に住みたいなぁ」と言われるたびにうれしくなります。

新築したきっかけ

アパートに住んでいましたが、どんなに家賃を払い続けても永遠に自分の持ち物にはならないし、子どもが生まれて生活音が漏れることにストレスを感じたので。

CLOSE