村木建築工房 湖西~菊川を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. 世代を超えた価値をもつ棟梁が建てる「板倉造りの家」

村木建築工房

施工対応エリア 湖西~菊川
本社電話番号 053-431-3480 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

世代を超えた価値をもつ棟梁が建てる「板倉造りの家」

S邸  家族構成:両親+弟+夫+妻+長女
高い勾配天井に太い梁を渡して 照明をつり下げている。変化に富んだダイナミックな空間が生まれた
蔵のように堂々とした古民家風の外観
玄関ホール横の和室。茶室や数奇屋建築に見られるヨシズ天井に仕上げた
2階の廊下にはミニキッチンをしつらえた
リビングには、梁の色に馴染む茶系のキッチンを配備
組子格子の天井、家族で伐採した大黒柱が印象的な広い玄関。階段の壁には明かり取りの格子を入れ込んである
板張りのダイニングキッチンから畳のリビングを見通す
桧の幕板や格子の飾りなど、和風建築美の意匠が施されている

村木建築工房が手がけるのは、伝統的な「板倉造り」という工法。ヒノキの四寸(12㎝)角柱に溝を彫り、その溝に厚さ3㎝の天竜杉板をはめ込んで床や壁を構成するというもの。伊勢神宮や正倉院に代表される日本建築の代表的な工法だ。丈夫で耐震性が高く、通気性や調湿性にも優れる。これにより一般住宅の約3倍の天然木を用いた本格和風建築が完成する。 畳を使った家がいいと、村木建築工房に建て替えを依頼したSさん。両親から孫まで3世代がにぎやかに同居する、ゆとりある暮らし方を実現した。従来の和風住宅同様の広くておおらかな間取りは、親世代にとっても馴染みのある間取り。昔から続いているスタイルだからこそ、この先もずっと古くならない。世代を渡って受け継がれていく家、これが本当の百年住宅だ。

物件情報

施工社名 村木建築工房
敷地面積 767.05㎡(232.03坪)
延床面積 182.58㎡(55.23坪)1階 118.41㎡(35.82坪)、2階 64.17㎡(19.41坪)
構造・工法 木造軸組・板倉
施工期間 7か月
総施工費 3800万円
外部仕上げ(屋根) 日本瓦
外部仕上げ(外壁) サイディング
内部仕上げ(床) ヒノキ、畳
内部仕上げ(内壁) 天竜杉ムク、ジュラク塗り壁
内部仕上げ(天井) 天竜杉ムク
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) TOTO
使用メーカー(照明) パナソニック
設備・システム オール電化(IHクッキングヒーター、エコキュート)

お客様の声

家を建てるにあたって参考にした会社は、村木建築工房1件だけです。しっかりとした和風住宅と決めていたので、それなら村木さんしかないと思っていました。こちらが聞いていいか戸惑うような素朴な疑問にも、丁寧に答えてくれました。いつも家づくりが楽しくなる打ち合わせでした。

新築したきっかけ

それまで住んでいた家が築80 年くらいで古くなっていたので、もとの家を取り壊して同じ場所に建て直しました

CLOSE