木藝舎 (もくげいしゃ) 牧ノ原市~富士宮市を施工エリアとする工務店・施工会社

木藝舎 (もくげいしゃ)

施工対応エリア 牧ノ原市~富士宮市
本社電話番号 050-5851-0366 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

言葉にできない感性を表現した家。遊び心も一緒に

K邸  家族構成:夫、妻、長男、長女
平均天井高3.79m、最高は4.8m。ダイナミックな勾配天井には、訪れる友人も必ず驚くそうだ
キッチンになじむオリジナル家具。テーブルとキャビネットは、職人による手作り。キャビネットは木藝舎のオーダー家具ブランド「FANI SOUL」の一品
ご主人と木藝舎のコラボ作品も「新品は苦手」なご主人が、木藝舎スタッフと一緒に古材でTVボードを製作。ソファにも自分で脚を付けたそう
収納の上部は黒板塗料を使ったマットな仕上げ。落書きもできる
額をイメージした大きな鏡を含め、造作した洗面は使い勝手もいい
床はバーチ材。ネイビーブルーと木のナチュラル感が好相性
多目的に使 えるオープンスペースは、ミニリビングとしての役割も
シルバーのガルバリウムに片流れの屋根。クールな印象の外観

壁一面のネイビーブルー。反対側には、デコペインターによってアンティーク風に加工されたレンガ。K邸には、「無難にまとめるより、遊び心やイレギュラーがある家づくりが面白い」というご主人の主張がたっぷりと表現されている。新築の際、複数の建設会社に相談したが、自分なりに抱いていた家のイメージに対して、木藝舎だけが、Yes・Noをはっきり答えてくれた。空間や家具のテイストも、担当者の親しげな物言いも、「かなり好きな感じ」だったそう。例えるなら、「センスのいい、信頼できる友人」。天井のアクセントになっている古材のデザイン梁や、南洋材のデルニアという個性的な素材を使ったテーブルとキャビネットは、気さくな雰囲気で進む打ち合わせの中で、「友人」が勧めてくれたもの。既製品に満足できなかったTVボードは、「一緒につくろう」と「友人」が誘ってくれた。言葉にすることが難しい感性をカタチにした家。それがK邸なのかもしれない。

物件情報

設計者名 木藝舎
施工社名 木藝舎
敷地面積 165.31㎡(49.91坪)
延床面積 121.73㎡(36.75坪)1 階 66.25㎡(20.00坪)2 階 55.48㎡(16.75坪)
施工面積 158.99㎡(48.00坪)
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム鋼板
内部仕上げ(床) 無垢フローリング
内部仕上げ(内壁) クロス、タイル、塗装
内部仕上げ(天井) クロス
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) INAX(LIXIL)
使用メーカー(キッチン) TOYO KITCHEN
使用メーカー(照明) KOIZUMI
設備・システム 柱/米松KD 材、断熱材/吹付ウレタン、グラスウール、窓/TOSTEM(LIXIL)

お客様の声

もともと、友人を通して木藝舎のことは知っていました。自分の好きなテイストだったし、こちらからの相談事にはっきり答えてくれる担当者が信頼できました。建ててからもいいことばかり! むしろ、悪いことを探す方が大変です(笑)。センスも、対応も、社長や担当者の人柄もいい。打ち合わせも気楽な感じで楽しかったですね。

新築したきっかけ

ずっと建てたいと思っていましたが、二人目の子どもができた頃から真剣に土地探しを始めました。希望するエリアで土地が見つかってからは、一気に話が進みました。

CLOSE