建杜 KENT(大栄工業) 東部全域(伊豆エリアは応相談)を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. 洗練に溶け込む夫婦のセンス 建築家とともに建てた家

建杜 KENT(大栄工業)

施工対応エリア 東部全域(伊豆エリアは応相談)
本社電話番号 050-5851-6955 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

洗練に溶け込む夫婦のセンス 建築家とともに建てた家

S邸  家族構成:夫+ 妻+ 長女+ 長男
玄関側は開口部を減らし、西日と通りからの視線をはじく。モダンなフォルムだが、レッドシダーの外壁が古くからの住宅地になじむようなあたたかみを添えている
床のスギは30ミリもの厚み。お子さまたちの元気なジャンプもやわらかく受け止める。壁は調湿・消臭効果をもつホタテパウダーの塗り壁仕上げ。ダイニングテーブルも雰囲気にあわせて造作してもらった
既製のキッチンを造作の棚とカウンターで囲み、統一感と利便性がもたらされた。左手の食器棚も造作
1階と2階、室内と屋外の関係性を意識した設計。縁側デッキとベランダは回遊性ももち、家族の交差を増やす
大らかな空間ながら、色合いや素材感による落ち着きも計算されている。天井のレッドシダーはそのま まベランダの軒にも続けて張られ、内と外の一体感を演出する
2階のファミリールーム。キッチンから視線を上げれば、お子さまたちの様子が感じられる場所に配置された
壁の色で変化をつけた子ども部屋は、共有スペースで過ごす時間が長くなるよう、必要最低限の広さに。空間を上下に切り分け、就寝スペースとして無駄なく使用している
南面は人目が気にならない立地を活かし、大きく開いた。夕暮れ時、縁側デッキや庭で過ごすひとときも家族のお気に入り

建物の前に立っても、内部の様子をうかがい知ることはできない。それゆえLDKに足を踏み入れたときには、3つの驚きが運ばれることになる。まずは空間の広がり。大きな開口部には庭、そしてその先に広がる公園の緑が届き、伸びやかな開放感に包まれる。シンプルな空間構成にも驚く。1階は水回りを除けばワンフロア。吹抜けを中心に個室を配した2階にも、潔いほどの心地よさが漂う。最後は快適性への配慮。この雰囲気では後回しにされても不思議ではない動線や収納への工夫も、しっかり溶け込む。くつろげる空間を。つながりをずっと。そして奥さまの負担が軽くなるように。ご夫婦のセンスとともに、ご主人の思いまで形になった。設計はツクリト建築設計事務所の髙田氏。『建杜』が高い施工能力と適正価格を追求する姿勢を発揮した。施主、建築家、施工者が三位一体となることで、要望が叶い、暮らしが豊かになることを示す、好例となった。

スタッフからのコメント

ご家族ごとの要望をしっかり聞く。その土地の持ち味を反映させる。デザインと住みやすさのバランスを図る。建築家との家づくりに敷居の高さを感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、私たちはそんな基本こそ大切にしたいと考えています。 【ツクリト建築設計事務所 HP】 http://www.tukurito.com/

ツクリト建築設計事務所 一級建築士 髙田 昌彦さん

物件情報

設計者名 ツクリト建築設計事務所 一級建築士 髙田昌彦
施工社名 建杜 KENT(大栄工業)
敷地面積 215.33㎡(65.14坪)
延床面積 144.80㎡(43.81坪) 1 階 80.68㎡(24.41坪) 2 階 64.12㎡(19.40坪)
施工面積 157.22㎡(47.56坪)
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) 陸屋根 塩ビシート防水
外部仕上げ(外壁) シャトーデルタ(左官塗)、レッドシダー
内部仕上げ(床) スギ
内部仕上げ(内壁) ルナファーザー ホタテペイ ント
内部仕上げ(天井) ルナファーザー+ホタテペ イント、レッドシダー
内部仕上げ(断熱材) パーフェクトバリア
内部仕上げ(柱) スギ
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) サンワカンパニー
使用メーカー(キッチン) クリナップ+造作
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL
設備・システム 蓄熱暖房機、太陽光発電

お客様の声

住宅メーカー、工務店、そして設計事務所。自分たちにとって、どこがいいのだろうと考えた結果、設計事務所に。手がけた住まいの雰囲気と、つくってくれた模型が決め手になりました。住んでいて、うれしくなるような家ができました。メーカーや工務店ではこういう家にはならなかっただろうし、ここまでの満足は得られなかったと思います。設計事務所にお願いして正解でした。

新築したきっかけ

娘が小学校に上がるまでにはと思っていました。以前、別の土地でかなり話が進んだのですが、諸事情で流れてしまったんです。公園前にいい土地が見つかり、仕切り直しました。

CLOSE