神谷綜合建設 カミヤの家 東三河、湖西市、浜松市西部を施工エリアとする工務店・施工会社

神谷綜合建設 カミヤの家

施工対応エリア 東三河、湖西市、浜松市西部
本社電話番号 0532-48-5252 ジャンル 新築、リフォーム

暮らしの真ん中に 家族が集うキッチンのある家

I邸  家族構成:夫+妻+長男+次男
天井の構造材がリズミカルに並び、ゆったりとしたLDK。床材はアンティークの栗を採用。 ウレタン塗装することで木目が美しく見えるだけでなく、汚れがつきにくくなる効果も
アプローチに敷かれた黒いタイルのようなものは、コンクリートに色を混ぜたもの。リーズナブルながら、落ち着いた雰囲気を演出できる。玄関の階段をリビング側まで伸ばすことで、窓から室内に入れ使い勝手も向上
奥さまは小柄なのでキッチンカウンター越しの配膳は腕を伸ばす必要があり何かと不便。テーブルを横に置くことで移動も少なくなって配膳や片付けも楽々
将来的には2部屋に分けられるよう、クローゼットや照明などをそれぞれに配置。今は子どもたちの遊び場に
家族4人の布団を余裕で干せる広々としたスペース。テーブルを広げて食事をしたり、夕涼みしながら庭を眺めたり、いろんな使い方を楽しめる
朝食の準備をしながら和室で寝る子どもを起こしたり、勉強する子どもの相手をしたり、キッチンに立ちながら子どもの世話ができるので便利
階段下を有効活用した土間続きの玄関収納。奥行きがあり、家族の靴やコート、自転車などを余裕でしまえる
白色と濃い木目調、2種類のサイディングで仕上げた和モダンな外観。ご主人が手を加えた植栽が7年の歳月で大きくなり、家に豊かな表情を添える

当初はハウスメーカーで検討していたものの、この家族構成ならこの間取りという提案に違和感を覚えたIさん。「家を買うのではなく、家を建てたいんだと気付いた」そう。そんな時に出会ったのが、施主の想いをしっかり受け止め、+αの提案をする『カミヤの家』だった。価値観や希望のライフスタイルを元に、イメージカルテをつくることから家づくりがスタート。共働きで、ご主人が夕飯をつくる機会も多い夫妻に提案したのは、キッチンを中心に生活空間が広がり、自然と家族のコミュニケーションが生まれるプラン。「僕も方眼紙を使って間取りを考えたんですが、風の通りや光の入り方、新しい技術を活かした提案に〝プロならでは〞を感じました」と当時を振り返る。「主人は、毎回の打合せがとても楽しそうで」と笑う奥さま。家は信頼できる人と二人三脚で建てるもの。そんな大切なことを教わった気がした。

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット 施工例集 その他

スタッフからのコメント

かれこれ9年ほどのお付き合いになります。共働きで、ご主人がキッチンに立たれることも多いご家庭なので、ダイニングキッチンを中心にした家づくりを心掛けました。

営業 朝倉 尚子さん

物件情報

設計者名 神谷綜合建設
施工社名 神谷綜合建設
敷地面積 236.14㎡ [71.28坪]
延床面積 132.66㎡ [40.05坪] (1階 76.02㎡、2階 56.64㎡)
施工面積 141.44㎡ [42.70坪]
構造・工法 木造軸組工法
竣工 2009 年5 月
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) 陶器平板瓦 一部エバールーフ
外部仕上げ(外壁) サイディング 16mm
内部仕上げ(床) ホール・LDK 栗フローリング(無垢材)
内部仕上げ(内壁) ビニールクロス
内部仕上げ(天井) ビニールクロス
内部仕上げ(断熱材) 高性能グラスウール16kg
内部仕上げ(柱)
使用メーカー(窓・サッシ) 耐火ガラス仕様(準防火地域対応ガラス)
資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 会社パンフレット 施工例集 その他

お客様の声

なんといってもキッチンを中心とした間取りです。今どきの家と比べたらリビングスペースは小さめですが、天井の構造材を化粧で見せることにより、より広々としたLDKをはじめ、小上がりになった7.5畳の和室、窓の外に広がるウッドデッキのおかげで、狭さを感じることはありません。食事をしたり、くつろいだり、キッチンの回りに家族が自然と集まる暮らしにとても満足しています。

新築したきっかけ

希望する土地が見つかり家づくりがスタート。既存のパーツを組み合わせて家を買うスタイルではなく、自分の希望を細かい部分までこだわることができ、一緒に家を建てられる『カミヤ』さんを選びました。

CLOSE