静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 住まいの匠検索 結果一覧

静岡県西部の住まいの匠検索 結果一覧

24 件が該当しました

蔵一産業
施工対応エリア:西部(湖西~掛川)、三河(豊橋)

大工と二人三脚で造る自由設計の家

小山準一

蔵一産業代表。高校卒業後、料理人として5年間働く。23歳で大工の父に弟子入りし、今や片腕として八面六臂の活躍。父の技術と小山さんのプランが融合した「大工と造る家」を良心的な価格で提供する。趣味はウェイクボード。二児の父。1980年生まれ。

私の仕事の相棒は

大工道具の腰袋 大工道具の腰袋

トンカチ、メジャー、カッター、墨壺、筆記用具など、建築現場に欠かせない工具一式を入れた腰袋は身軽に動ける軽量タイプ。

瀧口建設
施工対応エリア:西部(湖西~掛川)

耐震診断200棟以上! 倒壊から命を守る

橋本孝次

耐震の計画・工事を主に行う会社で実績を上げ、瀧口社長に見込まれて『瀧口建設』入社。これまでに200棟以上の耐震診断を行っており、社内だけでなくお客さんからの信頼も厚い。一級建築士、地震被災建築物応急危険度判定士の資格をもつ。

私の仕事の相棒は

防塵デジカメ 防塵デジカメ

床下や小屋裏を調査する時に欠かせない、防塵・防水・耐衝撃機能のついた優れもの。ビビッドなイエローは暗い中でも目立つように。

サイエンスホーム
施工対応エリア:静岡県東部・中部・西部、愛知県全域

お客様の感動を呼ぶサプライズな提案力

大石晃弘

サイエンスホーム専務取締役。中学、高校、大学時代は、野球部の主軸として活躍。地元アパレル会社に勤務していた29歳のときに新築したのを機に、サイエンスホームの加納社長と運命的に出会い、転職する。趣味はTVドラマ鑑賞。

私の仕事の相棒は

午後の紅茶とベビースターラーメン 午後の紅茶とベビースターラーメン

脳を活性化させる原動力として手放せないのが午後ティー&ベビースター。コーヒーが苦手な私にとって、最高のエネルギー源です。

サイエンスホーム
施工対応エリア:静岡県東部・中部・西部、愛知県全域

不可能を可能にした家づくりを全国へ

加納文弘

サイエンスホーム代表取締役。高校卒業後、石川県のハウスメーカーに就職し、浜松支店配属と同時に浜松へ。29 歳のときに知人と共に住宅メーカーを立ち上げ専務に就任、真壁工法の家を低価格で提供する技術を開発。2006年、サイエンスホーム設立。

私の仕事の相棒は

先祖代々伝わるノミ 先祖代々伝わるノミ

先々代、先代から譲り受けたノミは、使い過ぎて柄が短くなっている。これを本社展示場の囲炉裏に飾り、精神の拠り処にしている。

サイエンスホーム
施工対応エリア:静岡県東部・中部・西部、愛知県全域

お客様の豊かな暮らしを真摯に提案する

影山 真人

1977年、浜松市生まれ。調理師専門学校を経て、飲食店に勤務したが、人の夢を叶える仕事に就きたいと大工修業の道へ。2008 年、『サイエンスホーム』入社。浜松市内の各展示場の店長を歴任し、現職に至る。

私の仕事の相棒は

愛着ある文房具 愛着ある文房具

お客様と対話しながら、ラフスケッチを描く方眼タイプのスケッッチブックとCROSSのボールペン。どちらも10年以上使い続けている。

サイエンスホーム
施工対応エリア:静岡県東部・中部・西部、愛知県全域

「家づくりは家庭づくり」  新築後の豊かな生活を提案

野末 拓

1980年、浜松市生まれ。高校卒業後、浜松市内の工務店、ハウスメーカーなどで営業経験を積み、2010年に『サイエンスホーム』入社。同社のトップ営業マンとして活躍し続け、浜松北店店長を経て、2015年より現職。趣味は読書、バレーボール。二児のパパ。

私の仕事の相棒は

こだわりのペンたち こだわりのペンたち

万年筆は契約用、ステッドラーのシャーペンはラフステッチ用、ポルコロッソのボールペンは商談用、筆ペンはハガキ用など使い分けている。

住たくeco工房
施工対応エリア:浜松~袋井

若い世代の夢を叶える棟梁兼社長

磯部公佑

1976年、浜松市生まれ。祖父から続く大工一家に生まれる。2005年、独立創業。20代の若い世代にも安心して新築してほしいと、天竜ヒノキ・杉を使った健康住宅をローコストで提供している。趣味はバイク。

私の仕事の相棒は

DAIKU(副社長) DAIKU(副社長)

ブログでもおなじみ、4歳のコーギー犬。磯部さんにとって一心同体の存在。見学会にも必ず出席し、お客様をおもてなしする。

樹々匠建設
施工対応エリア:豊橋~掛川

五感で心地よさを感じる快適な家を提供したい

大木剛

1974年生まれ。ゼネコン会社で現場監督を、その後、図面を描く仕事を経て2004年入社。それと同時に外断熱専門店として活動。2013年「第1回はままつエコハウスコンテスト」でグランプリ受賞。

私の仕事の相棒は

高橋書店の手帖 高橋書店の手帖

約束ごと、思ったことなど何でもメモする大木さん。 i-Padも使っているが、痒い所に手が届かないので、やっぱりアナログが一番。

ALAIN(アラン)
施工対応エリア:西部(掛川~湖西)、三河(豊橋、豊川)

美 しいモノとの出会い 感動を家づくりにも

中根 えみ子

石川県生まれ。浜松市内の病院で看護士を務めた後、 1992年から『ALAIN』に参加。インテリアコーディネーターとして住まいをトータルにプロデュースしている。フットワークが軽く、国内外問わず常にインテリアの知識を取り入れている。3児の母。

私の仕事の相棒は

モレスキンの手帖 モレスキンの手帖

ベネチアのファブリックメーカー「RUBELLI」で戴いた非売品。覚え書きからファッション、グルメ、映画情報など何でも書き込んでいる。

ALAIN(アラン)
施工対応エリア:西部(掛川~湖西)、三河(豊橋、豊川)

33年間の現場経験に裏付けられた確かな設計施工力

中根 康晴

1964年、浜松市生まれ。工務店に10年勤務した後、1991年『ALAIN』設立。住宅を中心に、ホテル、店舗などの商業建築も数多く手がける。最近 では静岡県産のJパネル(無垢杉板のパネル)を使った新しい構法の開発へも設計協力している。世界中の建築物を見て歩くことが趣味。

私の仕事の相棒は

カメラ&iPad カメラ&iPad

軽い、持ちやすい、高性能の3拍子揃ったSONYのミラーレス、iPad,、iPhoneは現場のマストアイテム。もちろんデザイン性も重視してセレクト。

24 件が該当しました

CLOSE