ほっと住まいる 西部(浜松~菊川)を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. 昔の面影に無垢材が映える 心和むカフェ風空間が誕生

ほっと住まいる

施工対応エリア 西部(浜松~菊川)
本社電話番号 050-5851-0402 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

昔の面影に無垢材が映える 心和むカフェ風空間が誕生

N邸   家族構成:夫+妻+長男+長女+次男+父+母
総天然色の組み合わせが心地良いLDK に、タモ材を使った一枚板のダイニングテーブルが映える
寝室は4.5畳ながら、旧家の梁を見せた勾配天井のおかげで広々。火山灰を原料にしたシラス壁は吸湿効果が高く、ここで室内干しをすると洗濯物がすぐ乾く。奥にはご主人の書斎を設けた
洗面台には木製の鏡をチョイス。 壁にあしらったモザイクタイルとも相性抜群
道路沿いにあった玄関を奥へ移動させた。目隠し代わりの格子が趣深い
家族との会話が弾む対面式キッチンに。木製 カウンターやモザイクタイルがアクセント
旧家の形を残したまま、屋根も外壁もすべて改修。外構の監修もお任せしたそう
以前の面影が一番多く残る和室。旧家の建具や床の間、古いタンス類が新しい家に馴染む
Nさん自身が探して購入した照明や、『ほっと住まいる』提案によるニッチ収納など、インテリアも味わい豊か

生まれ育った築40年の実家でご両親と同居していたNさん。両親の部屋を分離して二世帯住宅にしたい、水回りが便利になれば…そんな実用的な要望を優先しつつ、無垢の木を使ったナチュラル空間に憧れていた。「良い意味で期待を裏切られました」そう語る住まいは、新築同様の完成度だ。上手に予算を配分し、LDKや寝室など、リラックスする空間には自然素材をたっぷり採用。カバザクラの床や天然素材の塗り壁に包まれて、子どもたちが素足でくつろぐ姿が印象的だ。念願の対面式キッチンを叶えた奥さまは、友人を呼んでのお家カフェも楽しんでいる。「『ほっと住まいる』さんの提案で、和室や寝室に旧家の内装や建具を活かしました。遠方に住む兄弟が帰省するたび、実家の面影を見つけては喜んでくれます」とご主人。随所に思い出を散りばめながら、無垢の木に新しい歴史を刻んでいく。

リノベーション ビフォー画像

建築中も打ち合わせを重ね、ニッチ収納やカウンター類を追加
孤立していたキッチンをLDKに吸収したことで、「家族と一緒にテレビを見ながら家事ができて嬉しい」と奥さま

施主さんに聞きました

読者へのアドバイス

工務店でも住宅メーカーでも、自分と向き合うのは一人の担当者です。フィーリングが合うか、よく話をして感触を確かめてください。

リノベーションしたきっかけは

両親と3人の子どもを含めた7人が一緒に暮らしていましたが、風呂やトイレは1つずつしかなく、設備も老朽化するばかり。とにかく生活が不便だったからです。

この会社に決めた理由

現場を知る建築士の杉山さんが直接担当してくださるので、要望への回答が早く対応も的確。『ほっと住まいる』さんが手がけてきた家のテイストも好みでした。

リノベーションでの希望

建て替えとリノベーションの両方を検討しましたが、できれば生まれ育った家の一部を残したかった。建物の構造は残し、内部は一新したいとお願いしました。

この会社でリノベーションしてよかったこと

ここまで思い通りにできるとは驚き。予算のかけどころを見極め、自然素材を効果的に使いながら、建築中まで要望に合わせてアレンジしてくれて大満足です。

スタッフからのコメント

天井を取り払って梁を見せたり、和室の内装を残すなど、旧家の存在を感じられるようご提案。新調した自然素材との相性も良く、統一感ある仕上がりになりました。

代表取締役・一級建築士  杉山 勝敏 さん

資料・カタログをもらう(無料) リストの確認 この会社に相談する
送付内容: 施工例集・工法、断熱材カタログ・会社紹介

リノベーションデータ

改修面積
126.13㎡ [38.16坪]
増築面積
9.93㎡ [3.00坪]
築年数
40年
施工期間
4か月
施工部分
耐震補強工事をし、躯体構造以外を全面改修。1階・2階ともに一部を増築し、屋根、外壁、断熱材、全室の内装、キッチン、トイレ、浴室まで 一新した。
設計者名
ほっと住まいる
施工社名
ほっと住まいる
構造・工法
木造軸組工法
CLOSE