ハウジング小林 湖西~掛川を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. ボタニカルな雰囲気に癒される 自然素材の平屋の家が実現

ハウジング小林

施工対応エリア 湖西~掛川
本社電話番号 050-5851-6992 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

ボタニカルな雰囲気に癒される 自然素材の平屋の家が実現

A邸   家族構成:夫+妻+長女+長男
天井板をはずして構造現しにしたことで開放感溢れる空間が実現。ダイア トーマスの白壁とブラックチェリーの床による自然素材の空間が、家族に安らぎを与えてくれる
ご主人の要望でリビングの壁一面に造作の書棚を設置。書棚も梁も床のブラックチェリーに合わせて着色してある
玄関の隣にはもともと4 畳半の和室があったが、シューズクロークと納戸に変更
デッキは補強をしただけで、これからDIYで色塗りをする予定
新しくしたキッチンは以前と同様に壁付けのI型にし、手前にカウンターをプラス。配膳やコーヒーを入れる時などに利用できて便利
奥さまの好きなグリーンやドライフラワーが似合うナチュラルなダイニング。オーダーメイドのベンチは座面の下が収納になっている
和室には壁面収納を付けて天井を板張りに
玄関のニッチにはお気に入りの小物をディスプレイ

平屋建ての中古住宅を購入したAさん。昭和な雰囲気が漂う外観はそのままに、しっかりと耐震補強をした後、室内を新しい暮らしに合わせてリノベーションした。まず台所と和室、洋室を仕切る壁の大部分を取り払い、オープンなLDKを実現。さらに、天井板を取って梁を見せ、開放感を強調。「天井裏にこんなに味わいのある梁が隠れていたと知って、何だか得した気分でした」とご主人。室内の壁は「健康塗り壁・ダイアトーマス」を全面に使用。ブラックチェリーの無垢の床に合わせて、梁や造作の建具、家具の色もすべて統一した。玄関先にあった四畳半の和室は、シューズクロークと納戸に一新。南面を一部増築し、子ども部屋も確保した。一方、洗面室の建具や模様入りのガラスのサッシは、以前のものをそのまま使用。自然素材がふんだん使われた空間は、古き良き物を上手に活かしつつ、より生活がしやすい理想の家となった。

リノベーション ビフォー画像

リノベ前の建物は洋室が1部屋のみ。襖を開け放てば隣室の和室とつながり、南面の窓から明るさを充分に確保できるものの、やや狭苦しい印象。台所と離れているので、動線も不便だった
4畳半の台所の南側には壁を隔てて9畳の和室があった。しかし、壁に沿ってタンス置場が設けられていることや、天袋が沢山設けられていることから、寝室として使われていたと思われる

施主さんに聞きました

読者へのアドバイス

自分たちが希望していることをすべて伝えることと、気になることは遠慮せずにちゃんと質問をして不安を解消することが大事だと思います。

リノベーションしたきっかけは

元々平屋の家が欲しいと思っていたので、不動産屋さんに相談したら良い物件が見つかり、購入をきっかけにリノベーションをすることになりました。

この会社に決めた理由

不動産会社が「いい会社だよ」と勧めてくれたから。会社の雰囲気もほんわかしていて、自分たちに合っている気がしたので決めました。

リノベーションでの希望

気に入ったアイデアの載った住宅雑誌を見せながら「こういうことはできますか?」と質問したり、できるだけ具体的に言葉で伝えたりしました。

この会社でリノベーションしてよかったこと

3Dの図面を見せてもらっていたので、ある程度はイメージがつかめていましたが、実際はそれ以上に素敵な空間になり大満足です。

スタッフからのコメント

耐震工事や断熱工事など、必要な改修はしっかりと行った上で、Aさんご夫妻のほんわかとした雰囲気に合ったナチュラルでオシャレな住まいができあがりました。

代表取締役 小林 昇正さん

新しくした素材・設備など

内部仕上げ(床) ブラックチェリー
内部仕上げ(内壁) ダイアトーマス
内部仕上げ(天井) ダイアトーマス
内部仕上げ(断熱材) 高性能グラスウール
使用メーカー(バス) Panasonic FZ
使用メーカー(トイレ) Panasonic アラウーノ
使用メーカー(キッチン) Panasonic  V-style

リノベーションデータ

改修面積
79.49㎡ [24.00坪]
増築面積
6.62㎡ [2.00坪]
築年数
38年
施工期間
4か月
施工部分
一部増築、耐震補強、断熱工事、水回り工 事(キッチン、洗面、浴室、トイレ)、内装工事 (壁、床、天井)
構造・工法
木造軸組工法
CLOSE