五朋建設 中部(島田~清水区)を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. 明るく開放的なリビングと 暮らしやすい動線に間取り変更

五朋建設

施工対応エリア 中部(島田~清水区)
本社電話番号 050-5851-0440 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

明るく開放的なリビングと 暮らしやすい動線に間取り変更

S邸   家族構成:夫+妻+両親
南側の広縁に面した和室をリビングに変更。耐震的に必要な柱と梁はそのままに、開放的な吹抜けに。フラットな畳コーナーも設けた
Sさん夫妻の寝室は、和室を洋室に変更。北側に位置しており、以 前は暗い部屋だったが、天井に設けたトップライト(天窓)のおかげで 明るい光が差し込む
玄関にはシューズクロークを新設。敷板は従来のものを一度外し、 磨き上げ再利用
奥さま待望の対面キッチンは、南側の明るいダイニングに面してい る。カウンター下には、マガジンラックも造作で
新たにつくった納戸。いずれはシアタールームにできるよう、調光機能付きの照明を取り付けた
明るいオープン階段も、リビングの開放感に一役買っている
奥さま待望の対面キッチンは、南側の明るいダイニングに面している。カウンター下には、マガジンラックも造作で
6 畳だったご両親の寝室は8畳に広げ、出入りしやすい引き戸のバリアフリーに

18代続く農家のS 邸。立派な母屋は、家の中で一番陽当たりの良い場所に客間や仏間を設けるという、典型的な日本家屋。そのため、家族の生活スペースは北側につくられた「暗く寒い」空間だった。また、高齢のご両親にとって、廊下と居室との段差も不安要素。建て替えも考えたが、「両親が慣れ親しんだ家を残したい」という思いも。そんな悩みを解消したのが、客間や応接室を、家族が集うスペースへと大胆に間取り変更したリフォームだ。圧巻は、天井の高い明るいリビング。2階の一部屋をなくし、そのスペースを吹き抜けに。対面式キッチンとダイニングも南向きに新しくつくり、造作のカウンターで奥さまの家事スペースも効果的に確保した。両親の寝室は場所はそのままに部屋を広くし、部屋の出入りもしやすいバリアフリーに。Sさんはリフォーム後の感想を、「日の出とともに家の中が明るくなって、朝が来たと実感しますよ」とうれしそうに語ってくれた。

リノベーション ビフォー画像

典型的な和風建築の間取りで、仏間と襖で仕切られた和室。家の中で一番明るい空間にもかかわらず、日常ほとんど使われない部屋だった
玄関ホールにあった階段。2階ホールに窓はあったが、階下まで光は届きにくい空間で急だった
北向きの部屋につくられていた台所。朝が来ても薄暗く、居間にいる家族からは孤立した印象に

施主さんに聞きました

読者へのアドバイス

図面だけではイメージしずらい部分があります。工事途中でもわからないことや違和感を感じたら、納得いくまで相談するのがいいと思います。

リノベーションしたきっかけは

2 階のバルコニー部分からの雨漏りとバリアフリー化です。間取りも変更して、明るく暖かな家が希望でした。

この会社に決めた理由

HPで見た施工例が気に入って。メールで問合せた後、すぐに下見に来てくれた、迅速な対応も信頼できました。

リノベーションでの希望

陽当たりのいい部屋をリビングにして、雨漏りがするバルコニーは屋根に。室内は全てバリアフリーに。

この会社でリノベーションしてよかったこと

最終的なプランでも納得していたのですが、その後も、細かい部分まで相談でき、対応してもらえた事です。

スタッフからのコメント

リビングを吹き抜けにし、家全体の断熱性をアップ。サッシの気密性も高め、明るく暖かな空間を作りました。同時にバリアフリー化、耐震補強も行っています。

工務課長 佐藤 博志さん

新しくした素材・設備など

外部仕上げ(外壁) 防火サイディング、 一部塗装
内部仕上げ(床) 化粧フローリング
内部仕上げ(内壁) 石膏ボード
内部仕上げ(天井) 石膏ボード
内部仕上げ(断熱材) ポリウレタンフォーム ( 床)、グラスウール ( 天井、壁)
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) トクラス
使用メーカー(照明) コイズミ、オーデリック
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL
CLOSE