遠州建設 袋井~湖西を施工エリアとする工務店・施工会社

遠州建設

施工対応エリア 袋井~湖西
本社電話番号 0120-152-274 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

耐震と大空間のプロ 「人」で選ばれる建築士

営業推進室長兼建築本部長、一級建築士 渥美 直己

1967年、浜松市生まれ。1989年、工学院大学卒業と同時に『遠州建設』入社。20年ほど前に自宅を設計、監督した経験から、「10年、20年先を見据えた間取り」をモットーに後悔のない家づくりを提案している。趣味は自転車。

190センチの長身でありながら、常に謙虚で腰の低い渥美さん。打ち合わせの場はいつも笑いがあふれ、会話の中からヒントを拾う。一級建築士の彼が営業から設計、現場監理、メンテナンスまでトータルに関わるため、意思の疎通がしやすく、時間のロスもない。豊富な経験に裏打ちされた引出しの多さ、常に勉強を怠らない旺盛な向上心。一生に一度の家づくりを頼むならこんな人がいい。

住まいの匠に質問しました

匠にとって家づくりとは?

命がけの仕事です。「家」は暮らしの一部分なので、ご家族が幸せになっていただくために全身全霊で取り組んでいます。「こうすれば良かった」と後悔してほしくないので、ヒアリングには特に力を入れ、きめ細やかなご提案をしています。

どんな時やりがいを感じる?

施主さんのお宅へ点検に伺った際、「特に問題ないよ」という何でもないひと言が最高に嬉しいですね。何も異常がなく、家族と一緒に毎日を平穏無事に過ごせる家、それを創るのが私の使命ですから。

私の仕事の相棒は

愛妻弁当

大きな身体を支える日々のエネルギー源は愛妻弁当。意外にコンパクトだけれど、中身は奥さまの愛情がぎっしり詰まっている。

住まいの匠の評判

代表取締役 松山 美廣さん

お客様からの信頼度は抜群です!

大柄な身体に似合わず、話しやすい人柄なんでしょうか、お客様からのウケは抜群に良いですね。だから、私も安心して任せていられますよ。職場ではいつも明るいムードメーカーですが、努力家の一面もあります。素材、構造、性能はもちろん、デザインに関してもどん欲に知識を吸収しようとしている姿は見ていて頼もしいですね。
協力業者Oさん

とてもユーモラスで、話していて楽しい!

打ち合わせなどでお伺いする機会も多いのですが、とても楽しくお話ができるため、仕事で行っているのを忘れてしまいそうになります(笑)。こんな方と打ち合わせできるなら家づくりもきっと楽しいだろうと思いますね!

住まいの匠の仕事内容

フレンドリーな建築士の親身な対応

打ち合わせから設計、現場監理、メンテナンスまで渥美さんがワンストップで行うので想いを共有できるし、その場で不安や疑問を解決できる。

大空間を可能にする KES構法を熟知

KES構法を使用することで、鉄骨でなければ実現できなかった大空間や吹抜けを可能に。

100年先も幸せを受け継ぐ家

柱や壁を多く必要としないKES構法の家は可変性が高いので、家族構成やライフスタイルの変化に応じて、間取りをフレキシブルに変更でき、永く快適に住み継げる。

CLOSE