静岡・三河の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるイエタテ

  1. 災害から家族を守るシェルター付防災住宅に行ってきました!

コラム・特集 災害から家族を守るシェルター付防災住宅に行ってきました!

災害から家族を守るシェルター付防災住宅に行ってきました!

災害から家族を守るシェルター付防災住宅に行ってきました!

今回伺ったのは・・・

今回伺ったのは『安心住宅』さんのモデルハウス「カリビスのたまご」

外観は、一見するとRC(鉄筋コンクリート)住宅のようなデザインですが、
れっきとした木造住宅。形状と言い、側面の太陽光パネルモジュールといい、なかなか斬新なデザインです。

早速、モデルハウスの中を拝見させてもらいました。
リビングに入ると右手に円柱のような曲線部分が!! これがシェルター。
銀行の金庫のような重厚な鉄の塊を想像していたので、割と自然にリビングになじんでいました。

このシェルターは通常は1階と2階をつなぐ内階段として使われていて、災害時には扉を締めてシェルターになるという。普段は、おしゃれならせん階段となっています。

内部は、たまご型になっているので結構広いスペース。車椅子でも入れるように設計されています。足を曲げれば大人でも横になれるスペースが確保されています。

扉は2重扉で、外側は重厚な鉄扉になっています。これで例え水に浸かっても浸水しない設計になっています。


矢野社長に聞いてみました。

Q.なぜシェルター付住宅を造ろうと考えたのですか?

矢野社長 東日本大震災の後、南三陸の被災地に様子を見に行って思ったんです。
津波を前に、「沿岸部の住宅は無力だ」と。私の住まいは舞阪ですから、もろに沿岸部です。
同じような地震・津波がきたら、まず即死だなと。

これは何か対策しないといけない、本気でそう考えていたときに、スイスの核シェルターがヒントになりました。
スイスでは国の政策もあって義務付けられているため、ほぼ100%自宅地下に核シェルターがついています。

これだと思いました。
東日本大震災では、地震発生から14mもの津波が襲ってくるまでの時間は、わずか8分 だったそうです。
それを考えると、老人や小さい子、足の不自由な方は避難に間に合わないと。
家で避難できるシェルターが最適だと考えたわけです。

そしてスイスにわたって、実際に核シェルターを見学し、防水対策など改良を重ね、ようやく商品化にいたりました。

現在は、シェルター内でしばらく生活を送れるように、現在はJAXAに協力いただき、酸素発生システムの開発も行っています。


そして気になる金額は?

お聞きしたところ、本体工事費に加え、プラス1000万円程度
なかなかのお値段でした。
シェルターは重量があるため、地盤改良の有無によって多少前後するそうです。

シェルター付防災住宅、お値段的にはまだ高めですが、命を買うと思ったら価値はそれ以上かもしれませんね。

東南海地震は30年以内に80%の確率で起こると言われています。
となれば、やはり災害対策はしっかり考えておきたい課題ですね。


そして今回の取材で、もう一つの収獲は「全館空調」の快適さ!

取材したこの日は7月の猛暑日。太陽の照り返しに目を細めるほど蒸し暑い日でしたが
モデルハウスの中は、驚くほど快適でした。

しかも、これが家庭用エアコン1台で実現してるというから、さらにびっくり。

省エネ住宅の日進月歩に、ホント頭が下がります。

全館空調のすばらしいところは、「家中どこにいっても一定温度」という事。
玄関から涼しいというのは施設ならよくありますが、自宅ではなかなかないですよね。
そしてトイレも、なんとクローゼットの中まで。この快適さ、これは初体験でしたが画期的です!

ぜひシェルターと合わせて体験してみてください。

●取材先
安心住宅「カリビスのたまご」モデルハウス
〒435-0031 静岡県浜松市東区長鶴町141-1

ライターのご紹介

遠藤 一訓
しずおかオンライン
イエタテスタッフ
遠藤 一訓

web・フリーマガジン『イエタテ』や『家を建てるときに読む本』の編集担当。

同じタグのコラム記事はこちら

記事写真
2016/07/26
【東海地震に備える】 地震で倒壊しない木造住宅を建てるための基礎知識

ライター:木村 大作(きむら だいさく)

CLOSE