アトリエサクラ 静岡~島田を施工エリアとする工務店・施工会社

アトリエサクラ

施工対応エリア 静岡~島田
本社電話番号 050-5851-0414 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

幸せな同居のカタチが見つかる! 完全分離型2世帯モデル

完全分離2 世帯住宅「新伝馬の家」

静岡市葵区新伝馬3 モデルハウス
立体感のある外観が周囲にほどよい主張を放つ。右手は子世帯の玄関で、左手に親世帯の玄関が用意されている
2階に配された子世帯のLDKは20畳ほどのオープンな造り。現しの梁と窓の外に続くバルコニーが実際の広さを越える開放感を演出している。床には高い耐久性と風合いから、幅の広い無垢のクリを選んだ。加えて家族が多くの時間を過ごす場所では塗り壁を採用。テレビ背後の一面のみ壁の色を変えることで、ナチュラルで軽やかな空間に落ち着きが生まれている
キッチンは白いタイルのカウンターと見せる収納棚でカフェライクな仕上がり。料理をしながら家族の様子が見渡せるようにとの希望が叶えられた。洗面脱衣室&ウォークインクローゼットを横並びにした間取りと周遊できる動線が家事効率を高めている
1階親世帯のLDK。和室は将来おばあさまが同居となった際に、居室となる予定。天井に張られたヒノキが清々しい
土地のサイズ、形状などから3階建てとなった。3階には2つに分割できる子ども部屋とウォークインクローゼット付きの寝室を配置
リビングの一角に設けられた本棚コーナー。ご主人の書斎に、奥さまの一息に、お子さまたちの宿題にと多彩な用途に
親世帯の玄関は広めに取り、踏み台や手すりを設置。共用のシューズクロークで子世帯側とつながっている
ウォークインクローゼットは歩く部分が必要となるため、スペースが限られた1階にはあえて設けなかった。一般的なクローゼットが適材適所に備えられている

2世帯住宅を検討中の方に、うれしい情報だ。「スペースの配分で悩んでいる」「デザインがちぐはぐになりそうで心配」そんな施主さんたちの声に応え、『アトリエサクラ』がモデルハウスをオープンした。特徴は大きく3つ。まずは「完全分離型」であること。完全分離型を見学する機会は貴重であるし、完全に分離しない場合でも、「どこまで分けるか」を計る〝ものさし〞となるはず。2つ目は将来への配慮が溶け込むこと。2世帯住宅では10年先、20年先をイメージしておくことが大切。水回りの広さや設備の高さなど、細やかな気配りを参考にしたい。最後は実際にご家族が暮らす家であること。それゆえ広さ、仕様は現実的。その上で間取りやデザインにライフスタイルや好みが反映されていて、「自分たちだったら」を重ねやすい。考えることの多い2世帯の家づくり。不安解消のヒントが多く見つかりそうだ。

モデルハウスのココをチェック!

脱衣室+ウォークインは 身支度完結のアイデア間取り
「身支度がここだけで完結するように」と子世帯の洗面脱衣室には、ひとつながりでウォークインクローゼットを用意。行ったり来たりや衣類の移動が少なくて済み、忙しいママの負担を軽減する。造作の洗面台もイメージ通りの仕上がり。
将来のストレスに先回り! 水回りは広く、使いやすく
この先、同居が予想されるおばあさまが車イス生活になっても安心してストレスなく使えるよう、親世帯の洗面脱衣室やトイレは広めに取った。もちろんこれはご両親、そしてゆくゆくは自分たちが使うことを想定してのもの。

スタッフからのコメント

「新伝馬の家」は弊社スタッフが実際に暮らしている家です。ご家族の要望を叶えつつ、これまでの経験を踏まえ、「こうなっていたほうが双方にストレスがないよね」という要素を盛り込みました。いわゆる住宅展示場ではありませんので、サイズは等身大といえるものですし、設備や素材は当社で一般的に使用するもの。2世帯以外のご家族にも、参考にしていただけそうです。

現場監督 山田 智和さん

モデルハウス情報

モデルハウス名 完全分離2 世帯住宅「新伝馬の家」
設計者名 アトリエサクラ
施工社名 アトリエサクラ
敷地面積 185.90㎡ [56.00坪]
延床面積 178.65㎡ [54.05坪]
施工面積 214.23㎡[64.80坪]
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 6か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム鋼板、サイディング
内部仕上げ(床) クリ無垢材
内部仕上げ(内壁) 塗り壁、クロス
内部仕上げ(天井) 塗り壁、クロス
内部仕上げ(断熱材) 高性能グラスウール
使用メーカー(バス) LIXIL
使用メーカー(トイレ) LIXIL
使用メーカー(キッチン) クリナップ
使用メーカー(照明) Panasonic
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL

地図

住宅地の中にあり場所がわかりにくいため要問合せ
CLOSE