ぴたはうす 安食建設 豊橋、豊川、蒲郡、田原、新城、湖西、浜松を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. 人にもお財布にもやさしい 23坪の平屋で豊かな暮らし

ぴたはうす 安食建設

施工対応エリア 豊橋、豊川、蒲郡、田原、新城、湖西、浜松
本社電話番号 0120-155-159 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

人にもお財布にもやさしい 23坪の平屋で豊かな暮らし

S邸  家族構成:夫+妻
杉板の勾配天井で、平屋とは思えないほどの開放感が味わえるダイニングキッチン。部屋間の動線が短いので、年齢を重ねてもラクに暮らせる
ビルトインの駐車場を設けたことによって生まれたデッドスペースをテラスとして活 用。高い位置で外からの目線も気にならず、リゾート気分を満喫
主に客間として使う和室
天然木の素朴なぬくもりを感じるLDK。大きな窓を開ければインナーテラスと直結。造作のカウンターはご主人の書斎コーナーで、下部は本棚
居間はしっとりと落ち着いた雰囲気に。3連の格子で間仕切りできる
明るい玄関ホール。引き戸はレールのないバリアフリー 仕様で、建具もすべて職人の手づくり
キッチンから対面にある、大開口の窓。 陽の光を存分に採りいれることができる
和室から見たLDK。三本引き戸により空間を広く見せることができる。  全開口すればつながりのある空間に。閉じれば、間仕切的な役割を果たす

子育てを終え、これからは夫婦だけの時間を楽しみながらゆったり暮らしたいと考えたSさん。安食社長が提案した23坪の平屋の家は、キッチンを起点としたコンパクトな動線で、高い勾配天井が開放感を演出。やさしい肌触りの床は無垢のクルミで、建具もすべて造作。外と中をつなぐインナーテラスは、洗濯物を干すだけでなく、景色を眺めながらビールを飲んだり、セカンドリビングとして使える。地熱を利用した時間換気システムで、家中の温度差がないため、身体への負担が少なく、光熱費も軽減。和でも洋でもない、Sさん仕様の低燃費住宅は、時とともにぴったりと暮らしに馴染んでゆく。

スタッフからのコメント

子育てが一段落したご夫妻のこれからの暮らしにぴったり馴染む平屋です。ガレージの上部を活かしたテラスは、さまざまなシーンで活躍することでしょう。

代表取締役 安食 誠一さん

物件情報

設計者名 ぴたはうす 安食建設
施工社名 ぴたはうす 安食建設
敷地面積 143.64㎡ [43.45坪]
延床面積 75.89㎡ [22.96坪] (1階 75.89㎡)
構造・工法 木造軸組工法
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根) ガルバリウム鋼板
外部仕上げ(外壁) ガルバリウム鋼板
内部仕上げ(床) 無垢クルミ
内部仕上げ(内壁) クロス
内部仕上げ(天井) 無垢杉、クロス
内部仕上げ(断熱材) グラスウール
内部仕上げ(柱) 無垢ヒノキ
使用メーカー(バス) TOCLAS
使用メーカー(トイレ) LIXIL
使用メーカー(照明) ODELIC
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL
設備・システム 地熱利用24時間換気システム、長期優良住宅

お客様の声

最初は2階建てを考えていたのですが、平屋にして正解でした。とにかく暮らしやすくてラクです。決め手は安食社長の誠実な人柄です。素人の私たちがうまく言葉にできないことを的確に読み取って、プラスαの提案をたくさんしてくれました。家中の温度差が少ないのも気に入っています。

新築したきっかけ

子供達の手が離れたのを機に、今後は夫婦だけでゆっくりと、自分たちの時間を大切に暮らしたいと思って。

CLOSE