住宅工房 アリアンス 富士~小山町を施工エリアとする工務店・施工会社

  1. どこにも出かけたくなくなるプレミアムな温もりを纏う家

住宅工房 アリアンス

施工対応エリア 富士~小山町
本社電話番号 0545-55-0777 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

どこにも出かけたくなくなるプレミアムな温もりを纏う家

Y邸  家族構成:夫+妻+長女
スキップフロアを活かして生まれる「キッズスペース」も『アリアンス』の人気アイテム。キッチンに立つママと目線が合うのでコミュニケーションも取りやすい。下部は大容量の収納庫
2階廊下から吹抜けのリビングを見下ろす。朝は4連のハイサイドサッシから燦々と光が差し込み、部屋の奥まで明るくなる
玄関ホールで圧倒的な存在感を放つ組子障子。職人手作りの大胆なグラフィックは、組子細工の中でも代表的な「麻の葉」「胡麻」「桜」の三種の伝統模様をそつなく散りばめたもの
ダニを寄せ付けず、極上の肌触りが心地いいヒバの木を使った和室。吊押入れと地窓を採用したことで、襖で締め切っても窮屈に感じない
奥さまが常に家中の気配を感じ取れるよう、家事動線、育児動線に配慮したLDKを提案。キッチン横の引き戸を開けると洗面脱衣所と浴室
本業の傍ら、東京や静岡のイベントでDJとして活躍するご主人のホビールーム。機材のほか、レコードもびっしり。高性能断熱材「アイシネン」の効果で、防音性・遮音性も抜群
おしゃれな黒いクロスに間接照明の陰影が美しく映る主寝室は癒し効果抜群
トワイライトに浮かび上がるスタイリッシュな外観フォルム。黒い外壁は奥さまのこだわり

Yさん夫妻が『アリアンス』を選んだのは、リゾート感のあるデザイン空間に和のエッセンスをちりばめたいという想いがあったから。玄関を入った瞬間、目に飛び込んでくるのは組子障子の建具。その奥に見えるのはアンティークな陶器たち。生活のメインステージとなるLDKは吹抜けの開放感に溢れ、視線がタテヨコに伸びる。こんなに広い空間でも家中の温度差がなく、冬でも薄着で過ごせるのは、アラスカの観測基地でも採用されている断熱材「アイシネン」によるもの。ホコリや花粉の侵入も防ぐので室内の空気はいつもきれい。防音性にも優れるため、ご主人がDJのレッスンをしても音漏れしない。見える場所にお金をかけて豪華さをアピールするより、見えなくなってしまう場所にこだわって究極の住み心地を手に入れたYさん。「休日もずっと家にいたくなります」というのもうなずける。

スタッフからのコメント

世界トップレベルの断熱材と16ミリの空気層を持つペアガラスとの相乗効果で、夏涼しく冬暖かい住環境を実現します。

営業 鈴木 智 さん

物件情報

設計者名 住宅工房 アリアンス
施工社名 住宅工房 アリアンス
敷地面積 161.56㎡ [48.87坪]
延床面積 149.00㎡ [45.07坪] (1階 90.50㎡、2階 58.50㎡)
施工面積 168.00㎡ [50.82坪]
構造・工法 木造軸組工法(Wストロング工法)
施工期間 5か月
外部仕上げ(屋根) カラーベスト
外部仕上げ(外壁) サイディング
内部仕上げ(床) 沢栗
内部仕上げ(内壁) クロス
内部仕上げ(天井) クロス
内部仕上げ(断熱材) アイシネン
使用メーカー(バス) LIXIL
使用メーカー(トイレ) Panasonic
使用メーカー(窓・サッシ) LIXIL  Low-E複層ペアガラス16mm

お客様の声

「イエタテ」を読んで、夫婦ともに気に入ったのが『アリアンス』でした。和のテイストを残しつつ、リゾートの開放感がある家に惹かれました。とにかく「アイシネン」の効果に驚いています。まったく寒さを感じないので、外に出た瞬間寒くて、慌てて上着を取りに戻ることもあります。

新築したきっかけ

3LDKの賃貸マンションに10年住んでいましたが、家賃と光熱費を合わせると1,000万円以上使ったことになり、もったいないなぁと思って。

CLOSE