ALAIN(アラン) 西部(掛川~湖西)、三河(豊橋、豊川)を施工エリアとする工務店・施工会社

ALAIN(アラン)

施工対応エリア 西部(掛川~湖西)、三河(豊橋、豊川)
本社電話番号 050-5851-0657 ジャンル 新築、リフォーム、土地相談

美 しいモノとの出会い 感動を家づくりにも

住空間コーディネーター 中根 えみ子

石川県生まれ。浜松市内の病院で看護士を務めた後、 1992年から『ALAIN』に参加。インテリアコーディネーターとして住まいをトータルにプロデュースしている。フットワークが軽く、国内外問わず常にインテリアの知識を取り入れている。3児の母。

ファッショナブルで、笑顔が素敵なえみ子さんには、インテリアコーディネーターとしての華がある。施主さんが安心して話せるフレンドリーな雰囲気づくり、会話の中から本音を引き出す能力は持って生まれた才能かもしれない。ファブリックや照明の光が住まいに大きく影響することを理解してもらうと同時に、美しいモノとの出会い、感動を施主さんに日々味わってもらいたいと自分磨きにも余念がない。

住まいの匠に質問しました

匠にとって家づくりとは?

ファブリックの魅力は、それ自体が完成度の高いデザインでありながら完成品ではないところ。コーディネーターの腕の見せ所です。また、昼と夜の光が住まいの表情を作り、心地よさを左右するので、光と影の演出も大事にしています。

どんな時やりがいを感じる?

打ち合わせの席で、ファブリックの話になると、施主さんのテンションが一気に上がります。みなさん、きれいなモノや素材に癒されたいですよね。カーテンや照明はもちろん、ベッドリネンやアートに至るまで、どう組み合わせるか、どう仕立てるかが難しくもあり、この仕事の醍醐味でもあります。

私の仕事の相棒は

モレスキンの手帖

ベネチアのファブリックメーカー「RUBELLI」で戴いた非売品。覚え書きからファッション、グルメ、映画情報など何でも書き込んでいる。

住まいの匠の評判

施主Fさん

女性が安心して話せる心強い存在

3年前に『ALAIN』さんで新築しました。ご主人の康晴さんが設計士、奥さまのえみ子さんがインテリアコーディネーターと、役割分担がきっちりできているから、家づくりをトータルに楽しめましたね。打ち合わせは常にえみ子さんも同席するので、女性でなければわからない家事動線や収納計画も相談できて、心強かったです。
夫 中根 康晴さん

奥さまの頼れる相談相手でいてほしい

7年務めた看護士を辞めて、私の仕事を手伝うことになったとき、「ちゃんと勉強してまず資格を取るから」と言ってくれたときは泣けましたね。二人で一緒にヒアリングして、私が図面を描きますが、毎回妻に見てもらってアドバイスを受けます。打ち合わせの席では、女性の方が話しやすいことも出てくるので、ありがたいですよ。建てた後からも奥さまの良き相談相手になってほしいですね。

住まいの匠の仕事内容

平均的に揃えるのではなく、 空間のキメどころを押さえる

全室に高価なカーテンや照明を設置しなくても、リビングダイニングなど、キメたい箇所にだけ本物を使うことで、ときめきと感動の空間に。えみ子さんがひと目惚れしたスイスのファブリック「クリエーションバウマン」は、『ALAIN』のショールームに飾られ、彼女に安らぎを与えている。

家づくりセミナー開催!

毎週土日、本社サロン2階で、康晴さん担当の建築設計セミナー、えみ子さん担当のインテリアコーディネートセミナーを開催。要予約、参加費無料。希望者は電話またはメールで。

バリアフリーの対応も任せて安心

本物のバリアフリー住宅を学ぶために、「住宅医スクール」に通ったえみ子さん。介護する側とされる側の立場から、現場に最も適したプラン、施工を提案してくれる。

CLOSE